PR バーチャルオフィス

レゾナンスバーチャルオフィスの評判は?口コミ・料金・特徴を評価

レゾナンスバーチャルオフィスの評判は?口コミ・料金・特徴を評価

こんにちは『ぬの』です。Webマーケターとして2年間のフリーランスを経て、現在はWebマーケティング支援に特化したIT企業を経営しています。

THE NUNOBLOGでは、「全方位のWebスキル習得をサポート」というコンセプトのもと、「マーケティング・ライティング・デザイン・プログラミング・動画編集」を中心に、Webスキルの習得方法を発信しています。

IT業界で活躍している「マーケター、デザイナー、エンジニア、動画クリエイター」で20名程のフリーランスチームを組んでおり、Webスキル習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスへの独立」も支援しています。

学習者
学習者
レゾナンスの評判を知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
ぬの
ぬの

簡単な自己紹介

THE NUNOBLOGの運営者情報

ビジネスのために住所が必要で、バーチャルオフィスの利用を検討されている人もいらっしゃいますよね。僕もフリーランスなので、実際にバーチャルオフィスを利用しています。

バーチャルオフィスは「自宅の住所と仕事の住所を分けられる」「ビジネス上の信頼を得られる」など様々なメリットがあるため、僕のようなフリーランスにはまさに最適です。

そこで今回は、利用者の口コミ調査とフリーランスチームの経験や知識をもとに、『レゾナンス』の評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ぬの
ぬの

\ブランド力がある住所を格安で!/

「レゾナンス」の公式サイトをチェック

※3分で申込完了

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

レゾナンスとはどんなバーチャルオフィス?

レゾナンスとはどんなバーチャルオフィス?

まずは、レゾナンスの基本情報から見ていきましょう。

レゾナンスの基本情報

運営会社 株式会社ゼニス
拠点 東京・神奈川
(浜松町/青山/銀座/青山/日本橋/渋谷/恵比寿/新宿/横浜)
料金 ・入会金:5,500円
・1年払いコース(月1回転送プラン):990円/月〜
・1年払いコース(週1回転送プラン):1,650円/月〜
サービス内容 住所貸し / 法人登記 / 特商法表示 / 郵便物転送/ AI電話代行・転送 / 電話番号付与 / HP作成 / 補助金相談 / 転送カスタマイズ / 宛名追加 / 銀行紹介 / 法人カード紹介

レゾナンスの特徴

レゾナンス』は、株式会社ゼニスが運営している東京、神奈川で展開している格安バーチャルオフィスです。住所貸しのみのプランであれば、月額990円から利用で、郵便物や宅配便の受取報告、届いた郵便物の毎週水曜転送全て付いてこの価格はレゾナンスのみです。

全ての店舗にスタッフが常駐しているので、事前予約または近くに立ち寄った際に来店いすれば直接郵便物の受領が可能です。時間枠で予約をする必要もなく、営業時間内ならいつでもOK。急ぎの郵便物などもすぐ受け取れる為、大変便利です。

各店舗に時間貸しの会議室もあり、バーチャルオフィスで、会議室を完備しているところは意外と少ないので、商談があるビジネスを展開している方にとっては大きなメリットです。

そして、レゾナンスでは、みずほ銀行などのメガバンク含め4つの銀行を紹介してもらえます。申し込みは全てオンラインで可能なため、自身で銀行に出向く必要はありません。

レゾナンスの特徴

「スマホ1つで会社設立が可能」「転送電話や電話秘書代行などの豊富なオプション」「格安ホームページ制作など30種類以上のお役立ちサービス」「会員様同士の定期的に異業種交流会を開催」など、サービス面も充実しています。

サービス面、サポート体制で言えば、バーチャルオフィスの中でも随一と言っても過言ではないので、バーチャルオフィスを契約して、さらに開業時のサポートも求めている方にはレゾナンスはおすすめですよ。

\登録無料!/

「レゾナンス」の公式サイトをチェック

※詳細は公式サイトでチェック

レゾナンスの料金プラン

レゾナンスの料金プラン

続いて、レゾナンスの料金プランを紹介します。

①基本料金

レゾナンスの料金プランは4種類あります。キャンペーンを実施していることが多いので、通常価格から割引されたお得な金額で利用可能です。

コース 格安バーチャルオフィス 転送電話2点セット 転送電話3点セット 電話秘書代行セット
入会金 5,500円 5,500円 5,500円 5,500円
通常月額料金 3,300円/月 5,500円/月 6,600円/月 7,700
キャンペーン時 1,650円/月 3,840円/月 4,950円/月 6,050円/月
登記
郵便転送
電話転送 不可
電話秘書 不可 不可 不可
全てのコースにオプションを付加できます。
ぬの
ぬの

②格安バーチャルオフィスコース(住所のみ)

東京都内でも有数のオフィス街である「港区・中央区・渋谷区」の住所をレンタルできます。

法人登記ももちろん可能で、名刺に都内の住所を記載でき、郵便物も毎週末に転送してくれるので、新規企業や副業に最適なプランです。

月額3,300円のところ、キャンペーン価格で月額1,650円で利用できます。

③転送電話2点セットコース(住所+転送電話)

格安バーチャルオフィスコースの内容にくわえ、電話番号も利用できるプランです。

24時間、指定した固定電話や携帯電話に転送されるので、公的機関用に一つ番号を持ちたい方におすすめ。月額5,500円相当からキャンペーン価格で月額3,850円で利用可能です。

④転送電話3点セットコース(住所+転送電話+転送FAX)

転送FAXを追加で利用できるコースです。住所・郵便転送・法人登記・転送電話もついてきます。

このコースを選択することで、一つの事務所機能が全てそろいますよ。月額6,600円がキャンペーン価格により、月額4,950円で利用可能です。

⑤電話秘書代行セットコース(住所+電話秘書代行)

住所利用にくわえ、専門の電話オペレーターがあなたの社名でしっかりと対応し、メールにて迅速に連絡・報告してくれるコースです。

月50コールまで完全無料で、50コールを超えると1コールにつき200円かかりますが、営業電話はカウントされないので安心して利用できますよ。外回りや外出が多い人におすすめ。

月額7,700円相当ですが、キャンペーン価格により月額6,050円で利用可能です。

⑥オプションコース

さらに使い勝手を良くするために、豊富なオプションサービスがあります。

オプション名 金額 概要
郵便物都度転送 1,100円/月 届いた郵便物を即日発送
プライベートロッカー 3,300円/月 書類やノートパソコン、定款、社印などを保管できる
転送電話(着信のみ) 2,200円/月 指定の転送先に24時間転送される
03発着信 4,400円/月 レゾナンスが貸してくれる番号でクライアントに通知できる
電話秘書代行 4,400円/月 オペレーターが登録した社名で電話を受けてくれる
電話秘書代行内線取次 3,300円/月 オペレーターが登録した社名で取次した電話を指定連絡先に取り次いでくれる
共有FAX 500円/月 レゾナンスを利用している人たちで利用できる
受信料:10円/1枚
転送費:100円/1枚
専用FAX 1,100円/月 専用のFAX番号を利用できる
受診料:10円/1枚
転送費:100円/1枚
フリーダイヤル 4,400円/月 0120もしくは0800から選択可能
報告オプション 550円/月 電話秘書代行の内容を電話で知らせてもらえる
屋号追加 1,650円/月 郵便物の受け取りに屋号を追加できる(1つのみ)
申し込み自体は3分ほどで完了するので、とても簡単です。そのあとに審査や入金、本人確認を行ってサービスが開始されるので、早い場合は即日で利用可能になります。
ぬの
ぬの

» レゾナンスの公式サイトをチェック!

レゾナンスの評判は?【口コミレビュー】

レゾナンスの評判は?【口コミレビュー】

では、実際にレゾナンスを利用した方の口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. 法人登録できて、月額1650円でバーチャルオフィスを借りれる
  2. 月額1500円で住所・郵便物転送付き
  3. 自社のHPに自宅の住所を載せなくて済む
  4. ネームバリューが高い都心の一等地にある
  5. 郵送物転送などのサービスが充実している
  6. karigoかレゾナンスのどちらかを選べばOK

良い口コミ:評判①:法人登録できて、月額1650円でバーチャルオフィスを借りれる

弊社で契約している住所よりめっちゃ都会で(港区浜松町・中央区銀座、渋谷区神宮前、新宿区西新宿)法人登録できて、月額1650円バーチャルオフィス借りれるなんて・・・

もっと私も探せばよかったわ。レゾナンスがいいんじゃないの?

(引用:X(旧Twitter))

良い口コミ:評判②:月額1500円で住所・郵便物転送付き

バーチャルオフィス申し込みました

無事に審査が通れば中央区(銀座)の住所GETです。月額1500円で住所・郵便物転送付きです。電話転送機能は+2000円なので、後日追加しようと思います。

(引用:X(旧Twitter))

※月額1500円は、税込では1,650円です。

良い口コミ:評判③:自社のHPに自宅の住所を載せなくて済む

良い口コミ:評判④:ネームバリューが高い都心の一等地にある

ネームバリューが高い都心の一等地(銀座、浜松街、渋谷神宮前)にあるバーチャルオフィスなのに、月額使用料が良心的でお得です。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判⑤:郵送物転送などのサービスが充実している

郵送物転送などのサービスが充実しているので、2年近く使っています。自社オフィスを借りるコストを削減でき、ありがたいです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判⑥:karigoかレゾナンスのどちらかを選べばOK

めっちゃくちゃバーチャルオフィス調べた結果、karigoかレゾナンスのどちらかを選べばOK。個人情報絶対守りたい人は利用するのも手ですね。

ただ私は利益が減るのでバーチャルオフィスは使っていません。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

レゾナンスバーチャルオフィスのポジティブな評判で多かったのは「法人登録できて、月額1650円でバーチャルオフィスを借りれる」「郵送物転送などのサービスが充実している」という口コミです。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 外装は古めに感じました
  2. 他社と住所が被りやすい

悪い口コミ・評判①:外装は古めに感じました

浜松町本店のビルのオフィスは快適でしたが、外装は古めに感じました。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判②:他社と住所が被りやすい

バーチャルオフィス業界では大手のレゾナンスですが、利用者数が多い結果、「他社と登記住所が被りやすい」という事情があります。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「外装は古めに感じた」「他社と住所が被りやすい」といったネガティブな口コミも見受けられました。

以上、レゾナンスの口コミ・評判でした。

ご覧の通り、レゾナンスを受講しているユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、レゾナンスを受講するメリット・デメリットを紹介します。

» レゾナンスの公式サイトをチェック!

レゾナンスの評判から分かったメリット

レゾナンスの評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、レゾナンスの魅力をさらに深堀していきます。他社と比較した時のレゾナンスのメリットを紹介します。

レゾナンスのメリット

  1. 一等地の住所を月額990円~で取得可能
  2. 全店舗で有人受付ありで郵便物来店受取もOK
  3. 届いた郵便物は無料で写真通知!即日発送できるオプションも
  4. 郵便物・電話応対内容の確認が取れる会員サイト・アプリ
  5. 貸し会議室も完備している
  6. メガバンク含め4つの銀行を紹介してもらえる
  7. スマホ1つで会社設立が可能(スマホde会社設立)
  8. 転送電話や電話秘書代行などの豊富なオプション
  9. 格安ホームページ制作など30種類以上のお役立ちサービス
  10. 会員様同士の定期的に異業種交流会を開催

①一等地の住所を月額990円~で取得可能

レゾナンスは、「港区浜松町本店」「青山店」「銀座店」「日本橋店」「渋谷店」「恵比寿店」「新宿店」「横浜店」「R-INNOVATION銀座店」と一等地の住所がレンタル可能です。

それぞれの用途に合わせたコースもあり、郵便物や宅配便の受取報告、届いた郵便物の毎週水曜転送全て付いてこの価格はレゾナンスのみです。

一人でも多くの方が利用できるように業界最安値に挑戦しているとのこと。

②全店舗で有人受付ありで郵便物来店受取もOK

レゾナンスは全ての店舗にスタッフが常駐しているので、事前予約または近くに立ち寄った際に来店いすれば直接郵便物の受領が可能です。

時間枠で予約をする必要もなく、営業時間内ならいつでもOK。急ぎの郵便物などもすぐ受け取れる為、大変便利です。

※来店は契約店舗のみ。月一転送プランの方は来店不可

③届いた郵便物は無料で写真通知!即日発送できるオプションも

到着した郵便物や宅配便をスタッフが撮影し、即時写真で知らせてくれます。営業DMなど不要な郵便物は希望により破棄も可能です。(会員サイトより簡単に破棄希望が可能)

また、請求書などお急ぎの郵便物がある場合は、即日発送できるオプションサービス「スポット転送」をも利用できますよ。

④郵便物・電話応対内容の確認が取れる会員サイト・アプリ

届いた郵便物や宅急便等の内容、電話代行の応対内容は即座に会員様のみ閲覧可能な会員専用サイト・スマホアプリ(ios・Android)で確認できます。

アプリならスマホひとつで仕事がスピーディーに完結するので、とても便利です。

⑤貸し会議室も完備している

レゾナンス各店舗に時間貸しの会議室があります。バーチャルオフィスで、会議室を完備しているところは意外と少ないので、商談があるビジネスを展開している方にとっては大きなメリットです。

利用は平日のみ、9時~18時まで、利用料金は1時間1,100円(税込)。 また、契約店舗以外の会議室も利用可能です。

⑥メガバンク含め4つの銀行を紹介してもらえる

レゾナンスでは、メガバンク含め4つの銀行を紹介してもらえます。

  • みずほ銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行

申し込みは全てオンラインで可能なため、自身で銀行に出向く必要はありません。

⑦スマホ1つで会社設立が可能(スマホde会社設立)

スマホde会社設立とは、会社設立の専門知識がなくてもアプリの画面に沿って操作するだけで、かんたんに会社設立に必要な書類が作成できるサービスです。

さらに電子定款にも対応しているので、紙定款提出時に必要な収入印紙代4万円分のコストを削減し、専門家への電子定款作成手数料5,500円だけで設立書類の作成が可能です。

「会社設立の費用を抑えたい」、「せっかく会社をつくるなら自分の手でやってみたい」といった方は是非スマホde会社設立アプリを試してみてください。

⑧転送電話や電話秘書代行などの豊富なオプション

レゾナンスでは、03/045の専用番号・FAX番号や、あなたの代わりに当社オペレーターで対応する電話秘書サービス等、様々なオプションを用意しています。

法務局や税務署など公的機関用や口座開設時の固定番号として利用することができ、ビジネスの成長にあわせて様々オプションを利用可能です。

⑨格安ホームページ制作など30種類以上のお役立ちサービス

会員様の事業支援を目的に格安ホームページ制作や会社創業費用0円サービスをはじめ、法人クレジットカード、法人印鑑作成などのお得なクーポンを30種類以上用意。

さらに全国100拠点以上のホテルをワークスペースとして利用できる便利なサービスもあり、レゾナンスの会員限定でお得に利用できます。

公式サイト』にて30種類以上のサービスを確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

⑩会員様同士の定期的に異業種交流会を開催

レゾナンスでは会員様同士の交流の場として、定期的に異業種交流会を開催しています。フリーランス、テレワークやノマドワーカー、もちろん法人の方まで、約17,000社の様々な業種の方が参加するとのこと。

同じ住所で起業・開業されている方がどのような方かを知ることができ、「仕事につながる出会いがあり大変満足しました」という声もたくさんあるそうです。

ビジネス拡大のきっかけや人脈作りに活用したい方は、ぜひ参加してみてください。

\ブランド力がある住所を格安で!/

「レゾナンス」の公式サイトをチェック

※3分で申込完了

レゾナンスの評判から分かったデメリット

レゾナンスの評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

レゾナンスのデメリット

  1. 東京都内・横浜以外に店舗がない
  2. 店舗の外観が少し古い

①東京都内・横浜以外に店舗がない

レゾナンスのバーチャルオフィスは「港区浜松町本店」「青山店」「銀座店」「日本橋店」「渋谷店」「恵比寿店」「新宿店」「横浜店」「R-INNOVATION銀座店」しか店舗がありません。

もし、地方でバーチャルオフィスを契約したい方は、全国に60店舗を超える『Karigo』を検討すると良いでしょう。

また、都内の一等地に拠点を持ちたい方は月額660円〜取得可能な『GMOオフィスサポート』がおすすめです。僕も契約しているバーチャルオフィスで業界最安値級の料金設定となっています。

②店舗の外観が少し古い

これは感じ方は人によって違うので、気になる場合は一度様子を見にいくことをおすすめします。

» レゾナンスの公式サイトをチェック!

レゾナンスがおすすめな人・向いている人

レゾナンスがおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、レゾナンスがどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • 都内で業界最安値のバーチャルオフィスを探している
  • メガバンクを始めとする銀行口座を開設したい
  • 格安で会議室を利用したい(契約外の店舗でもOK)
  • 郵便物の配達状況をスマホで簡単に確認したい
  • セミナー・交流会・助成金など経営初期のサポートが欲しい
  • 受付がいるバーチャルオフィスを探している
  • 郵便物転送サービスを利用したい

以上が、レゾナンスがおすすめな人です。上記の中で一つでも当てはまる方は、レゾナンスはおすすめですよ。

レゾナンスなら、サービスの質も高いですし、契約して限りなく失敗することは少ないバーチャルオフィスだと思います。

\ブランド力がある住所を格安で!/

「レゾナンス」の公式サイトをチェック

※3分で申込完了

レゾナンスの利用するまでの流れ

レゾナンスの利用するまでの流れ

この章では、レゾナンスを利用するまでの流れについて解説します。

申し込みから利用までの流れ

  1. 申し込み
  2. 必要書類のアップロード
  3. 事前審査
  4. 決済方法の登録
  5. 利用開始

step
1
申し込み

まずはレゾナンスの『公式サイト』にある所定の申し込みフォームより、必要事項を入力して申し込みを進めます。

なお法人契約を希望する場合で代表者以外の人が申し込み手続きを行う場合は、委任状の用意が必須となりますので注意してください。

step
2
必要書類のアップロード

会員サイトにログインし、必要書類をアップロードします。申し込み内容により必要書類が異なるため、あらかじめ公式サイトでよく確認しておきましょう。

step
3
事前審査

必要書類のアップロードまでを行ったら、事前審査です。審査が通る場合、通常1営業日から7営業日までの期間で結果が出て連絡が入ります。

なお申し込み内容に不備があった場合、再入力して申し込みし直すこともあります。

step
4
決済方法の登録

審査が通ったら、会員サイトで決済方法を登録します。

支払い方法が確定したら、決済を完了させましょう。

step
5
利用開始

申し込みから審査を得て必要事項の登録まで完了したら、いよいよサービスの利用開始です。

初回決済方法の登録後に簡易書留で案内が自宅などに送付されてきますので、中身を確認したら利用できます。

(参考:公式サイト

レゾナンスに関するよくある質問【Q&A】

レゾナンスに関するよくある質問【Q&A】

最後に、レゾナンスに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. キャンペーンは全店舗で行っていますか?
  2. キャンペーン期間に申し込み、1年後からは料金は通常の金額に変更になる?
  3. 毎月払いで契約し、途中で1年払いに変更することは?
  4. 必要書類を知りたい
  5. 支払い方法を教えてください
  6. 審査はどれくらい時間がかかる?
  7. 解約方法を知りたい

①キャンペーンは全店舗で行っていますか?

はい、全店舗で行っております。

②キャンペーン期間に申し込み、1年後からは料金は通常の金額に変更になる?

いいえ、キャンペーン期間中にお申し込みいただけたお客様は、ずっとキャンペーン価格で更新が可能となりますので大変ご好評をいただいております。

③毎月払いで契約し、途中で1年払いに変更することは?

もちろん可能です。しかも1年払いコースですとキャンペーン価格になり通常価格の半額になりますので弊社では最初から1年払いのご契約をオススメしています。

④必要書類を知りたい

申し込み時に必要な書類は、免許証や保険証などの身分証明書のみです。

⑤支払い方法を教えてください

店舗に来店したときに支払う、銀行振り込み(みずほ銀行・PayPay銀行)、クレジットカード決済のいずれかになります。

⑥審査はどれくらい時間がかかる?

早くて即日、遅くとも1週間程度に審査結果がわかります。

⑦解約方法を知りたい

  • コース変更、退会する旨
  • コース変更予定日・退会予定日
  • 退会にかかる清算金の受取りのための金融預金口座情報

これらを更新日の1ヶ月前までにメールにて運営に連絡することで解約できます。

ただし、半年払いコース・1年払いコースの会員が、退会予告1ヶ月未満で解約申請をすると、解約事務手数料として3,300円が発生してしまうので注意ください。

毎月払いコースの場合は次月分を支払ってから退会になります。

(参考:公式サイト

まとめ:レゾナンスは自営業・フリーランス・個人事業主におすすめ

レゾナンスは自営業・フリーランス・個人事業主におすすめ

今回は、レゾナンスの口コミ・評判を紹介しました。

業界トップクラスの安さをほこるレゾナンス。利用者にとにかく安く、快適に利用してもらうことを1番に考えています。

バーチャルオフィスのなかでもレゾナンスは公式サイトもわかりやすく、問い合わせもスピーディーで丁寧に答えてくれるので、ぜひ利用してみましょう。

\登録無料!/

「レゾナンス」の公式サイトをチェック

※詳細は公式サイトでチェック

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
筆者

ぬの(NUNO)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④Webコンサルティング会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-バーチャルオフィス