PR ファクタリング

ジャパンマネジメントの評判は?口コミ・審査落ち・必要書類を評価

ジャパンマネジメントの評判は?口コミ・審査落ち・必要書類を評価

こんにちは『ぬの』です。デジタルマーケティング支援に特化したWebコンサルティング会社を経営しております。

THE NUNOBLOGでは、「全方位のWebスキル習得をサポート」というコンセプトのもと、「マーケティング・ライティング・デザイン・プログラミング・動画編集」を中心に、Webスキルの習得方法を発信しています。

IT業界で活躍している「マーケター、デザイナー、エンジニア、動画クリエイター」で20名程のフリーランスチームを組んでおり、Webスキル習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスへの独立」も支援しています。

学習者
学習者
ファクタリングサービスのジャパンマネジメントの評判について知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
ぬの
ぬの

簡単な自己紹介

THE NUNOBLOGの運営者情報

ファクタリングを利用する際は業者の評判を見ておくのが重要です。

何も知らないまま利用していると失敗する可能性がありますし、何よりも業者の知識を知らないことで損失を出すようなファクタリングを実施する可能性もあります。

そこで今回は、利用者の口コミ調査とフリーランスチームの経験や知識をもとに、『ジャパンマネジメント』の評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ぬの
ぬの

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

ジャパンマネジメントとはどんなファクタリングサービス?

ジャパンマネジメントとはどんなファクタリングサービス?

まずは、ジャパンマネジメントの基本情報から見ていきましょう。

ジャパンマネジメントの基本情報

運営会社 株式会社ラインオフィスサービス
手数料 3%〜20%
上限金額 最大5,000万円
入金スピード 最短即日
手続き
全国出張で対応可能
メリット 審査から入金まで最短即日で対応可能
少額の売掛債権にも対応
個人事業者・フリーランスでも利用できる
幅広い売掛債権に対応している
出張対応で全国どこでも利用できる
デメリット 手数料率の上限が高い
買取可能な売掛金の上限が低い
面談もしくは来店が必要

ジャパンマネジメントの特徴

『ジャパンマネジメント』は、事業規模の大小を問わず、フリーランスから中小企業までを対象としたファクタリングサービスを行なっています。

売掛債権の金額は50万円~5,000万円までと幅広く、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングにも対応しています。手数料の相場としては、2社間ファクタリングで10%~20%、3社間ファクタリングで3%~10%となっています。

手数料については、売掛金の種類や売掛先の規模・財務状況などに応じて算出され、売掛債権額の80~90%が買取り対象となります。

債権の未回収リスクはすべてジャパンマネジメントが負うので、売掛債権管理の軽減も図ることができます。

ジャパンマネジメントの特徴

無料で査定してもらえるので、ぜひ気軽に申込んでみてくださいね。
ぬの
ぬの

\登録無料!/

「ジャパンマネジメント」の公式サイトをチェック

※登録は数分で簡単

ジャパンマネジメントの評判は?【口コミレビュー】

ジャパンマネジメントの評判は?【口コミレビュー】

では、実際にジャパンマネジメントを利用した方の口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. スピーディーに対応してもらえた
  2. 他社より低い手数料を提示してもらえた
  3. スタッフの対応が丁寧だった
  4. 審査は個人でも通りやすい
  5. 資金調達も即日で手数料も安い
  6. 希望額通り買取して頂き助かりました

良い口コミ:評判①:スピーディーに対応してもらえた

資金繰りに困っていたところ、知人に紹介されました。

急ぎで必要なところ、スピーディーに対応して頂き、当社まで出張買取に出向いてもらいました。その後も急な資金調達に利用させて頂き、手数料も初回より安くして頂きました。

(引用:公式サイト)

良い口コミ:評判②:他社より低い手数料を提示してもらえた

インターネットでジャパンマネジメントさんを知りました。他社を利用してましたが、手数料に不満が有ったので、相談すると他社より低い手数料を提示してもらえたので、他社から乗り換えました。電話対応も丁寧で、必要書類などもわかり易く説明して頂けました。

(引用:公式サイト)

良い口コミ:評判③:スタッフの対応が丁寧だった

売掛先より急な入金日の変更が有り、仕入代に困っていた折、パソコンで資金調達方法を検索していたところ、ジャパンマネジメントのホームページに辿り着き電話してみました。

ファクタリングの言葉自体知らなかったのですが、スタッフの方に丁寧に説明していただき、初めてファクタリングをしました。手数料は若干高い気もしますが、急な資金調達に対応して頂き、大変助かりました。

(引用:公式サイト)

良い口コミ:評判④:審査は個人でも通りやすい

個人事業主で30万円という少額ファクタリングをお願いしましたが、全く問題なし。無事に売掛債権を資金化できました。営業の人の対応も印象が良かったです。個人に対してありがちな上から目線な姿勢もなかったので、最終的にジャパンマネジメントさんに決めました。

審査は個人でも通りやすいと思います。私の場合、業歴が短く他社からは断られてしまったのですが、こちらでは債権自体に問題はないとのことで大丈夫でした。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判⑤:資金調達も即日で手数料も安い

銀行での融資も断られどうしようか悩んでいたところ、知人に紹介してもらいました。急な要望にもスピーディーに応えて頂きとても助かりました。

資金調達も即日で手数料も安いと思います。ありがとうございました!

(引用:Google Map)

良い口コミ:評判⑥:希望額通り買取して頂き助かりました

急な資金需要が出てしまい、色々あたりましたが全て断られたところで最後の頼みとジャパンマネジメントさんに相談しました。

親切丁寧に対応してくださり、希望額通り買取して頂き助かりました。本当にありがとうございました。

(引用:Google Map)

ジャパンマネジメントのポジティブな評判で多かったのは「3社間ファクタリングなので手数料が安かった」「担当者が親切に対応してくれた」という口コミです。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 個人での利用は審査はやや厳しめ
  2. 手数料は安くはない

悪い口コミ・評判①:個人での利用は審査はやや厳しめ

個人でやってる人でも一応利用はできますが、要件はやや厳し目です。取引先が法人であることはもちろんのこと、取引先から継続的な入金があることも審査基準に入っているようです。

塗装工事の単発案件(金額は50万で基準は満たしてる)の請求書は、審査で弾かれてしまいました。

要件が厳し目の割にすごく安い手数料というわけでもないですし、もしまたファクタリングをする機会があるとしたら、他の業者を選んでみるつもりです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判②:手数料は安くはない

この度、資金サイクルが厳しくなりジャパンマネジメントを利用しました。

売掛金が少額のため、他社では断られましたが、無事に買い取ってもらえました。 手数料は2社間で少額なのでって感じでしたね。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

ジャパンマネジメントの利用した方の悪い口コミとしては、手数料が多くかかる、個人事業主の場合審査が厳しい、というものがあります。

特に、売掛債権が少額の場合や他社から断られた売掛債権の場合、手数料が多くなるという口コミがありました。また、売掛債権の取引先が個人事業主の場合は、審査がかなり厳しくなり、審査に通過しないケースもあるようです。

以上、ジャパンマネジメントの口コミ・評判でした。

ご覧の通り、ジャパンマネジメントを受講しているユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、ジャパンマネジメントを受講するメリット・デメリットを紹介します。

ジャパンマネジメントの評判から分かったメリット

ジャパンマネジメントの評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、ジャパンマネジメントの魅力をさらに深堀していきます。

他社と比較した時のジャパンマネジメントのメリットを紹介します。

ジャパンマネジメントのメリット

  1. 審査から入金まで最短即日で対応可能
  2. 少額の売掛債権にも対応
  3. 個人事業者・フリーランスでも利用できる
  4. 幅広い売掛債権に対応している
  5. 出張対応で全国どこでも利用できる

①審査から入金まで最短即日で対応可能

ジャパンマネジメントは、審査から入金までのスピードに定評があるファクタリングサービスです。審査から入金まで最短即日で対応してもらえるので、いますぐ資金を捻出したい事業者におすすめです。

ジャパンマネジメントは東京と福岡にオフィスがあり、もし来社が困難である場合は出張による面談審査も行っています。北海道から沖縄まで全国対応できる体制をとっています。

②少額の売掛債権にも対応

一般的なファクタリング業者では、買取可能額に100万円程度の下限をつけているケースがほとんどです。買取額が少ないと、手数料が少なくあまり利益が得られないからです。

一方で、ジャパンマネジメントでは50万円~買取してもらえるので、フリーランスや小規模事業者の方でも気軽に相談できます。

また、創業から間もない会社や、赤字決算が続いている会社でもジャパンマネジメントでは買取り実績が豊富にあります。

ジャパンマネジメントの審査で重視するのは売掛先の経営状態であり、ファクタリングを利用したい会社の経営状態はあまり重視されていません。

③個人事業者・フリーランスでも利用できる

個人事業者は信用度の問題から、融資を受けにくいのが現状です。しかしジャパンマネジメントでは、売掛先が法人であれば、個人事業者でも問題なく現金化できます。

基本的に事業者に対する与信審査は厳しく行っていませんので、他のところで資金調達ができないと言われた方でも利用しやすいのがメリットと言えるでしょう。

④幅広い売掛債権に対応している

ジャパンマネジメントが対象としている売掛債権には、診療報酬債権や介護報酬債権、クレジット債権など、基本的に全ての売掛債権を対象としています。

特に、診療報酬債権や介護報酬債権の買取り実績が豊富で、経験や知識が豊富な担当者が複数名在籍しています。

診療報酬債権ファクタリングに関しては、債務者が民間企業となる通常のファクタリングと比較すると、国や官庁からの回収となるので比較的審査に通りやすいのが特徴です。

⑤出張対応で全国どこでも利用できる

ファクタリング会社の中には、地域限定でサービスを提供しているところがあります。

やはり売掛回収をするには売掛先へのアプローチが必要となりますので、営業エリアを絞り込まないと作業できないという事情があるのです。

しかし、ジャパンマネジメントは全国どこでも対応できるので、安心です。申し込みもシンプルな作業でできます。最短1日で入金までしてくれるので、スピーディーで簡単です。

» ジャパンマネジメントの公式サイトをチェック!

ジャパンマネジメントの評判から分かったデメリット

ジャパンマネジメントの評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

ジャパンマネジメントのデメリット

  1. 手数料率の上限が高い
  2. 買取可能な売掛金の上限が低い
  3. 面談もしくは来店が必要

①手数料率の上限が高い

ジャパンマネジメントの手数料率は3%〜20%です。ファクタリング会社の中には、手数料率の上限を10%に設定しているところもあるので、手数料率の上限が高いと言えます。

もし、手数料率の上限が低いファクタリング会社をお探しの方は、手数料率を一律10%で固定している『ペイトナーファクタリング』がおすすめです。申請から入金まで最短10分で完了します。

②買取可能な売掛金の上限が低い

ジャパンマネジメントでは、5,000万円を超えるの大型債権の買取りは行なっていません。

もし、1億円を超える大型債権をファクタリングしたい方は、7億円の買取実績がある『ビートレーディング』がおすすめです。

③面談もしくは来店が必要

ジャパンマネジメントの申し込み手続き自体は簡単です。しかし本申し込みにあたっては、来店もしくは面談が原則となっています。

場所や契約状況によっても違うのですが、オフィスに直接行くか、スタッフが出張して確認作業をすることになります。

他のファクタリング会社ではオンラインですべての契約手続きを完結できるケースもありますので、実際にスタッフに会って契約しないといけない点に関して、面倒に感じる人もいるでしょう。

» ジャパンマネジメントの公式サイトをチェック!

ジャパンマネジメントがおすすめな人・向いている人

ジャパンマネジメントがおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、ジャパンマネジメントがどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • 資金繰りに困っているフリーランスや法人
  • 融資以外の方法を探している方
  • 即日での振り込みを希望している
  • 少額の売掛債権を買い取ってほしい
  • 診療報酬債権や介護報酬債権を保有している
  • 赤字経営が続いていて銀行から借入ができない

以上が、ジャパンマネジメントがおすすめな人です。上記の中で一つでも当てはまる方は、ジャパンマネジメントはおすすめですよ。

査定だけでなら無料でできるので、とりあえず申込んでみて損はないと思いますよ。

» ジャパンマネジメントの公式サイトをチェック!

ジャパンマネジメントの申し込みから入金までの流れ

ジャパンマネジメントの申し込みから入金までの流れ

この章では、ジャパンマネジメントのファクタリングを利用した際の流れについて解説します。申し込みから入金までの流れは以下の通りです。

申し込みから入金までの流れ

  1. 公式サイトより申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査・入金

step
1
公式サイトより申し込み

ジャパンマネジメントの『公式サイト』にアクセスして「無料相談」から申込を行います。

希望調達額、実行希望日、法人名/屋号名、お名前、メールアドレス、電話番号などの必要項目を入力して送信しましょう。

他社でファクタリングを利用していて乗り換えを希望する場合は、「乗り換えの理由」も記載しましょう。

step
2
仮審査

会社概要や事業内容などの簡単なヒアリングを行れます。

後で間違いが見つかるとトラブルの元になるので、ここで聞かれたことに対しては正直に答えるようにしましょう。

step
3
本審査・入金

仮審査後、御社の現状にあった最適なプランを提案してもらえます。

提示される手数料・買取金額が希望に沿ったものであれば、ファクタリング契約を行います。最短で審査完了の翌日には入金されます。

» ジャパンマネジメントの公式サイトをチェック!

ジャパンマネジメントに関するよくある質問【Q&A】

ジャパンマネジメントに関するよくある質問【Q&A】

最後に、ジャパンマネジメントに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. 赤字決算なのですが、資金調達は可能ですか?
  2. 保証人は必要ですか?
  3. 個人事業主ですが利用できますか?
  4. 売掛金を買い取って頂くのに条件はありますか?
  5. ファクタリングの審査基準を教えて下さい
  6. 遠方なので来社出来ませんが、資金調達は可能ですか?
  7. 資金調達完了までの日数はどれくらいでしょうか?
  8. 社会保険料の滞納がありますが、ファクタリング可能ですか?

①赤字決算なのですが、資金調達は可能ですか?

はい、可能です。銀行融資を断られた、リスケジュール中など信用情報に問題があっても資金調達は可能です。

②保証人は必要ですか?

いいえ、必要ありません。

③個人事業主ですが利用できますか?

個人事業主NGのファクタリング会社が多いですが、ジャパンマネジメントでは個人事業主にも対応しております。

④売掛金を買い取って頂くのに条件はありますか?

請求が確定している債権、請求後入金待ちの債権になります。

遅延債権・回収不能な債権・虚偽債権は ファクタリング対象外とさせて頂きます。

⑤ファクタリングの審査基準を教えて下さい

まず第一に、売掛先の信用度、経営状況、取引期間の長さ、そしてファクタリング利用会社の信用度、代表者さまの人柄などです。

⑥遠方なので来社出来ませんが、資金調達は可能ですか?

大丈夫です。当社は福岡県と東京都にオフィスがあります。近郊の当社スタッフが出張致します。

⑦資金調達完了までの日数はどれくらいでしょうか?

銀行融資だと、2週間から4週間は掛かりますが、ファクタリングだと最短1日で資金調達できます。

⑧社会保険料の滞納がありますが、ファクタリング可能ですか?

滞納状況をお聞かせください。分納中であれば可能ですのでスタッフにご相談下さい。

(参考:公式サイト

まとめ:ジャパンマネジメントの無料査定に申し込んでみよう

ジャパンマネジメントの無料査定に申し込んでみよう

今回は、ジャパンマネジメントの口コミ・評判を紹介しました。

ジャパンマネジメントは、東京と福岡にオフィスがあるファクタリング業者で、売掛債権の現金化の他、診療報酬債権や介護報酬債権も取り扱うなど、幅広いニーズに対応しています。最短で即日で入金されるなど、すぐに資金調達が必要な場合におすすめのサービスです。

また、20万円と少額な売掛債権から買取可能で、個人事業主でも利用できます。注意点としては、手数料の上限が高い点、買取金額に上限がある点、個人事業主の売掛債権は審査が厳しい点があります。

ジャパンマネジメントは、幅広い売掛債権に対応したサービスで、入金までの時間も短いため、さまざまなニーズに対応できる会社です。ぜひ気軽に登録して査定を依頼してみてくださいね。

\登録無料!/

「ジャパンマネジメント」の公式サイトをチェック

※登録は数分で簡単

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

THE NUNOBLOGでおすすめしているファクタリングを知りたい方は、関連記事『ファクタリングおすすめ比較ランキング』をご覧ください。

  • この記事を書いた人
筆者

ぬの(NUNO)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④Webコンサルティング会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-ファクタリング