PR 投資・資産運用

イークラウドの評判は?口コミからメリット・運用実績・手数料を評価

イークラウドの評判は?口コミからメリット・運用実績・手数料を評価

こんにちは『ぬの』です。Webマーケターとして2年間のフリーランスを経て、現在はWebマーケティング支援に特化したIT企業を経営しています。

THE NUNOBLOGでは、「全方位のWebスキル習得をサポート」というコンセプトのもと、「マーケティング・ライティング・デザイン・プログラミング・動画編集」を中心に、Webスキルの習得方法を発信しています。

IT業界で活躍している「マーケター、デザイナー、エンジニア、動画クリエイター」で20名程のフリーランスチームを組んでおり、Webスキル習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスへの独立」も支援しています。

学習者
学習者
投資型クラウドファンディングのイークラウドの評判について知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
ぬの
ぬの

簡単な自己紹介

THE NUNOBLOGの運営者情報

クラウドファンディングは少額から投資できるサービスとして人気を集めています。

ですが、「イークラウドで投資したいけど、投資ってよく分からない」と躊躇している方もいるかもしれません。

そこで今回は、『イークラウド』の評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ぬの
ぬの

\登録無料!/

「イークラウド」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

イークラウドとはどんな投資型クラウドファンディング?

イークラウドとはどんな投資型クラウドファンディング?

まずは、イークラウドの基本情報から見ていきましょう。

イークラウドの基本情報

運営会社 イークラウド株式会社
想定利回り
未知数
最低投資金額 10万円~
運用期間
特徴 ベンチャーキャピタルの経験を生かした運営
大和証券グループと連携した事業運営
未上場ベンチャーに投資できる
投資先によっては株主優待がもらえることも
エンジェル税制による優遇措置がある

イークラウドの投資案件の特徴

イークラウド』は、2020年に開始した投資型クラウドファンディングです。

イークラウド株式会社のグループ会社であるクロステック株式会社は、ベンチャーキャピタルならびにIT系事業における豊富な実績を有する企業です。

クロステックグループはVCによる実績とIT系事業での新規事業創出のノウハウを持つメンバーで構成されています。実際に、過去の案件の中には「すごいベンチャー100社リスト2021年最新版」に掲載された企業もあるため、利益につながる投資先を選定する目は確かなようです。

イークラウドの投資案件の特徴

イークラウドでは、将来性のあるベンチャー企業に最低投資金額10万円から投資できます。もし、イークラウドで扱うファンドが、株式公開(IPO)や売却(M&A)に至った場合、数十倍~数百倍も視野に入れたの大きなリターンが得られます。

また、投資先によって株主優待を受けられる可能性があります。株主優待とは、出資のお礼として企業から株主に渡される特典のことです。企業によっても異なりますが、商品の割引券やクーポン、開発会議への参加権など内容は様々です。

案件によってはエンジェル税制という税制優遇措置を受けることができ、節税にも繋がるので、ベンチャー企業への投資でエンジェル投資家になり、一攫千金を狙いたい方にイークラウドはおすすめです。

\登録無料!/

「イークラウド」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

イークラウドの評判から分かったメリット

イークラウドの評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、イークラウドの魅力をさらに深堀していきます。他社と比較した時のイークラウドのメリットを紹介します。

イークラウドのメリット

  1. ベンチャーキャピタルの経験を生かした運営
  2. 大和証券グループと連携した事業運営
  3. 未上場ベンチャーに投資できる
  4. 投資先によっては株主優待がもらえることも
  5. エンジェル税制による優遇措置がある

①ベンチャーキャピタルの経験を生かした運営

イークラウド株式会社のグループ会社であるクロステック株式会社は、ベンチャーキャピタルならびにIT系事業における豊富な実績を有する企業です。

クロステックグループはVCによる実績とIT系事業での新規事業創出のノウハウを持つメンバーで構成されています。実際に、過去の案件の中には「すごいベンチャー100社リスト2021年最新版」に掲載された企業もあるため、利益につながる投資先を選定する目は確かなようです。

それらの事業で培った経験やノウハウを活かしてイークラウドが運営されているので、信頼できると言えるでしょう。

②大和証券グループと連携した事業運営

イークラウドは大和証券グループと連携した事業運営を行っています。2018年には大和証券グループの子会社から資金調達もしており、密接に連携しているようです。

大和証券グループとの連携効果は信頼度の向上だけではなく、金融ノウハウを活かした円滑な事業運営にも活かされています。

大和証券グループが持つ金融ノウハウと、Xtech(クロステック)のスタートアップの発掘・支援ノウハウのシナジー効果があります。

③未上場ベンチャーに投資できる

未上場のベンチャー企業に対しては、これまで限られたエンジェル投資家やベンチャーキャピタルしか投資できませんでした。

しかし、イークラウドでは、未上場の株式に投資することができます。もし、イークラウドで扱うファンドが、株式公開(IPO)や売却(M&A)に至った場合、数十倍~数百倍も視野に入れたの大きなリターンが得られます。

ベンチャー企業は革新的なサービスやビジネスを提供しており、事業が軌道にのれば大きな収益が得られる可能性を秘めています。

さらに事業が順調に拡大していけば、株式上場も夢ではありません。そうなれば企業の知名度や社会的信用も高まるため、得られる配当金や利益も多くなります。

つまり、一攫千金の投資の機会があるということです。
ぬの
ぬの

④投資先によっては株主優待がもらえることも

イークラウドでは、投資先によって株主優待を受けられる可能性があります。

株主優待とは、出資のお礼として企業から株主に渡される特典のことです。企業によっても異なりますが、商品の割引券やクーポン、開発会議への参加権など内容は様々です。

すべての企業が株主優待を実施しているわけではありませんが、投資の利益以外にも得られるものがあることはメリットでしょう。

⑤エンジェル税制による優遇措置がある

イークラウドでは、案件によってはエンジェル税制という税制優遇措置を受けることができます。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進する目的で創設された制度で、ベンチャー企業へ投資することにより、投資した人が税の優遇を受けられるという国の制度です。

ベンチャー企業によっては、その企業へ投資した個人投資家は以下のどちらかの所得税の優遇措置を選択・適用することができます。

①(対象企業への投資額-2,000円)をその年の総所得金額から控除 設立5年未満のベンチャー企業への投資が対象で、総所得金額の40%と1,000万円(令和3年1月以降は800万円)のいずれか低い方の金額を上限に控除可能です。
②対象企業への投資額全額をその年の株式譲渡益から控除 設立10年未満のベンチャー企業への投資が対象で、①のような上限はなく全額が控除対象となります。

イークラウドで投資を募集しているベンチャー企業の中には、エンジェル税制の対象となっている企業が多数存在します。

つまり、イークラウドを活用して投資を行うと、税制の優遇措置を受けながら投資を行えるため、非常にお得です。

\登録無料!/

「イークラウド」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

イークラウドの評判から分かったデメリット

イークラウドの評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

イークラウドのデメリット

  1. 収益を得られまで時間がかかる
  2. 元本毀損のリスクはある

①収益を得られまで時間がかかる

イークラウドは、ベンチャー企業に投資するため上場企業に投資するよりも比較的リスクが大きく、配当金がなかったり、イグジットも達成できない可能性があります。

一般的にイグジットまでには1年半ほど掛かってしまうため、長期投資の目線も必要になることは覚えておきましょう。

②元本毀損のリスク

イークラウドでは募集されるファンドに元本保証があるわけではありません。何らかの要因により投資対象先の評価額が下落して、それが劣後出資部分を超えると投資家の元本が減ります。

また、投資先のベンチャー企業が破産や清算をすることによって投資元本が毀損するリスクもあります。

財務基盤が脆弱なベンチャー企業は様々な要因で経営悪化する可能性があるため、独自の厳しい審査を実施しているイークラウドでも相当のリスクがある点は理解しておく必要があります。

以上が、イークラウドのデメリットです。上記のデメリットが気にならない方にはイークラウドはおすすめなので、ぜひ投資先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

» イークラウドの公式サイトをチェック!

イークラウドの評判は?【口コミを徹底レビュー】

イークラウドの評判は?【口コミを徹底レビュー】

前章では、イークラウドのメリット・デメリットを紹介しました。本章では、その内容を踏まえて実際の受講者の声を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. 投資案件の種類が豊富
  2. 口座開設キャンペーンで電子マネーがもらえた
  3. ベンチャー企業を応援できるのが魅力
  4. コンテンツ作りやグループシナジー、ソーシング力がすごい
  5. 思いの熱いサービスが多い

良い口コミ:評判①:投資案件の種類が豊富

イークラウドの案件は、どんどん新しいものも増えてきて、種類が豊富で好きなものを選びやすい。これからも投資したいと思う。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判②:口座開設キャンペーンで電子マネーがもらえた

口座開設キャンペーンで電子マネーがもらえたのでラッキーです。

お得感があって嬉しいです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判③:ベンチャー企業を応援できるのが魅力

問題解決のために取り組むベンチャー企業を応援できるのが魅力だと思います。

SDGsや再生医療、高齢化社会などいろんな問題の改善に、少しでも貢献できると感じ、投資しています。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判④:コンテンツ作りやグループシナジー、ソーシング力がすごい

良い口コミ:評判⑤:思いの熱いサービスが多い

イークラウドのポジティブな評判で見受けられたのは「投資案件の種類が豊富」「ベンチャー企業を応援できるのが魅力」という口コミです。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 投資できる上限金額が決められている
  2. 新しいサービスなので、安全性が心配
  3. 案件数が少なめ

悪い口コミ・評判①:投資できる上限金額が決められている

イークラウドでは投資できる上限金額が決められているのが残念。

魅力的な投資先であっただけに、100万円単位で投資したかったです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判②:新しいサービスなので、安全性が心配

イークラウド自体が新しいサービスなので、安全性が心配。

リスクが高そうな気もしているので、もう少し運用状況を見定めたいと思います。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判③:案件数が少なめ

イークラウドとキャンプファイヤーは案件少な目ですがまだあまり広まっていないのである意味狙い目かと思います

(引用:THE NUNOBLOG調査)

以上、イークラウドの口コミ・評判でした。

イークラウドの口コミ・評判を紹介しましたが、百聞は一見に如かずです。登録するだけなら無料なので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

» イークラウドの公式サイトをチェック!

イークラウドがおすすめな人・向いている人

イークラウドがおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、イークラウドがどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • 未上場のベンチャー企業に投資して一攫千金を狙いたい
  • エンジェル投資家になりたい
  • 株式公開(IPO)や売却(M&A)を目指す企業を応援したい
  • ハイリスクハイリターンな投資先を探している
  • 社会貢献や社会課題の解決を目指す企業や案件を応援したい

以上が、イークラウドがおすすめな人です。上記の中で一つでも当てはまる方は、イークラウドはおすすめですよ。

登録は無料でできるので、とりあえず登録してくだけ損はないと思いますよ。

» イークラウドの公式サイトをチェック!

イークラウドの始め方【登録~投資まで】

イークラウドの始め方【登録~投資まで】

ここまで読んでいただき、イークラウドが少しでも気になる人は、ぜひ気軽に登録してみてください。登録から利用開始までの流れをまとめると、次の通りです。

登録から利用開始までの流れ

  1. 投資家登録
  2. オンライン上で必要書類提出
  3. 案件を探して応募

step
1
投資家登録

まずは、『公式サイト』から投資家登録をします。

氏名・ご住所やご利用の金融機関など、口座開設に必要な項目を入力します。

step
2
オンライン上で必要書類提出

本人確認資料(運転免許証・健康保険証など)マイナンバーをご提示いただきます。

step
3
案件を探して応募

最短1営業日で審査が完了します。お客様のご住所へ「口座開設審査完了通知」を発送します。通知を受け取ったら、口座開設完了です。

» イークラウドの公式サイトをチェック!

イークラウドに関するよくある質問【Q&A】

イークラウドに関するよくある質問【Q&A】

最後に、イークラウドに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. いくらから投資できますか?
  2. 株式投資型クラウドファンディングで投資するメリットは何ですか?
  3. 投資金額以上に損失する可能性はありますか?
  4. 投資した場合、配当はありますか?
  5. エンジェル税制の適用はありますか?
  6. 投資の上限金額はいくらですか?
  7. 投資した案件の株式は売却できますか?

①いくらから投資できますか?

投資金額は、案件ごとに設ける投資コースからお選びいただきます。案件ごとに投資コースが異なりますので、各案件の募集ページをご確認ください。

②株式投資型クラウドファンディングで投資するメリットは何ですか?

投資先のベンチャー企業の業績が向上し、IPOやM&Aに至った場合には、投資金額の数倍〜数百倍のリターンを得られる可能性があります。

※すべての企業がIPOやM&Aに至るとは限りません。

また、株主優待制度を採用している企業に投資した場合には、株主優待を受けることができます。

③投資金額以上に損失する可能性はありますか?

株式投資型クラウドファンディングによる株式への投資で投資金額を超える損失を被ることはありません。投資先企業が倒産したとしても投資金額を超えるお支払いが発生することはありません。

④投資した場合、配当はありますか?

配当の有無は、投資先企業の業績や配当方針等によって異なります。

しかしながら、株式投資型クラウドファンディングにおける投資先企業はベンチャー企業が多数を占めるため、配当がない場合が大半であると思われます。

⑤エンジェル税制の適用はありますか?

当社でご紹介する企業の中で、エンジェル税制の対象となる企業に投資した場合には、税務署への申告をすることで、投資した金額に応じて税制上の優遇措置が受けられる可能性があります。

ただし、当社でご紹介する企業のすべてがエンジェル税制の対象となるわけではありません。

⑥投資の上限金額はいくらですか?

クラウドファンディングでは1つの案件に対して年間50万円が上限になっています。

イークラウドでは1つの案件に幾つか金額の異なるコースが設定されており、1つのコースにしか申し込めないようになっています。そのため、大きな投資はできませんが、失敗した時のリスクも少ない投資初心者向けになっています。

⑦投資した案件の株式は売却できますか?

未上場のベンチャー企業の株式は、株式市場に上場されていないため、市場での売却はできません。

投資先ベンチャー企業の承認があれば第三者に譲渡できるケースはあるようですが、事前に投資先に確認が必要です。基本的にはIPOまたはM&Aされる際に売却が可能となります。

投資資金の回収まで期間はかかりますが、当たれば大きな利益を得られる、それがエンジェル投資のポイントです。

(参考:公式サイト

まとめ:イークラウドで少額から投資を始めてみよう

イークラウドで少額から投資を始めてみよう

今回は、イークラウドの口コミ・評判を紹介しました。

イークラウドは、約10万円からベンチャー企業に投資できるクラウドファンディングです。社会問題を解決する、多種多様なベンチャー企業の事業を応援しながら、株主優待も受けられて、投資家へのメリットも大きいサービスといえます。

イークラウドの案件は、倍率が高いものばかりです。こまめに案件チェックをおこない、気になるものがあれば積極的に応募しましょう。

\登録無料!/

「イークラウド」の公式サイトをチェック

※無料で案件をチェック

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
筆者

ぬの(NUNO)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④Webコンサルティング会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-投資・資産運用
-