PR 投資・資産運用

ゴコウファンドの評判は?口コミ・運用実績・元本割れのリスクを評価

ゴコウファンドの評判は?口コミ・運用実績・元本割れのリスクを評価

こんにちは『ぬの』です。Webマーケターとして2年間のフリーランスを経て、現在はWebマーケティング支援に特化したIT企業を経営しています。

THE NUNOBLOGでは、「全方位のWebスキル習得をサポート」というコンセプトのもと、「マーケティング・ライティング・デザイン・プログラミング・動画編集」を中心に、Webスキルの習得方法を発信しています。

IT業界で活躍している「マーケター、デザイナー、エンジニア、動画クリエイター」で20名程のフリーランスチームを組んでおり、Webスキル習得後の「IT業界への転職」や「フリーランスへの独立」も支援しています。

学習者
学習者
ゴコウファンドの評判について知りたいです。
今回は、上記のような悩みを解決します。
ぬの
ぬの

簡単な自己紹介

THE NUNOBLOGの運営者情報

フリーランスとして独立、法人を作って企業した時に1つの収入だけに頼っているのは危険です。僕も実際独立当初に運営しているサイトがGoogleのコアアップデートにより吹っ飛び大変なことになった経験があります。

なので、本業とは別で安定したな収入源を確保することは、フリーランスまたは起業家として生きていき上では重要です。

そこでおすすめなのが不動産投資です。僕は5年間不動産会社で投資家やファンド相手に営業をしてきたので、不動産投資に関しては知識が豊富です。

不動産に特化したクラウドファンディングは少額から不動産投資できるサービスとして人気を集めています。ですが、「ゴコウファンドで投資したいけど、不動産投資ってよく分からない」と躊躇している方もいるかもしれません。

そこで今回は、利用者の口コミ調査と僕の不動産会社で得た知識をもとに、ゴコウファンドの評判について、徹底解説していきます。

忖度なしでレビューするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ぬの
ぬの

※本コンテンツはプロモーション(PR)を含みます。また、詳しい最新情報に関しては必ず公式サイトをご確認ください。料金は特段の表示がない限りは全て税込表記です。

ゴコウファンドとはどんな不動産クラウドファンディング?

ゴコウファンドとはどんな不動産クラウドファンディング?

まずは、ゴコウファンドの基本情報から見ていきましょう。

ちなみに、ソーシャルレンディングとはお金を借りたい人と貸したい人をネット上で結び付けるサービスのことです。

融資型クラウドファンディングとも呼ばれ、ネット上で不特定多数の人から資金を集めるクラウドファンディングの一種です。

ゴコウファンドの基本情報

運営会社 株式会社五黄不動産
想定利回り 約3%〜6%
最低投資金額 1万円
運用期間
3~5年
投資先 ・複合ビルファンド
・空き屋リノベーション
・テナントビルファンド
メリット 地方の物件をメインに取り扱っている
3種類のファンドを取り扱っている
1口1万円の少額から投資できる
優先劣後方式を採用している
年利3%〜6%程度の手堅い利回り
譲渡はいつでも可能
デメリット 運営会社が非上場
長期投資向きで短期で回収したい人には不向き
元本割れを起こすリスクがある

※2023年8月時点

ゴコウファンドの投資案件の特徴

ゴコウファンドの投資案件の特徴

『ゴコウファンド』を運営する株式会社後光不動産会社は、福岡で60年以上不動産業を行う老舗企業です。九州や大阪エリアの商業施設や、空き屋リノベーションへの投資など、ゴコウファンドならではのファンドが豊富です。また、医療系テナントや複合ビルなど、商業系テナントへの投資実績も豊富です。

最小投資額が1万円〜なので、少額で手軽にプロが選んだ物件に投資できます。投資後の運用は運営会社である後光不動産会社が行うので管理の手間は一切かかりません。

ゴコウファンドでは、テナントとの長期賃貸借契約を結ぶことで長期保有の運用を前提としています。一般的な不動産クラウドファンディングにおいては、運用期間が6ヶ月〜1年のファンドが多い中、ゴコウファンドでは3年〜5年の長期で運用するファンドも多く取り扱っています。

登録自体は無料ですし1分程度でできるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。
ぬの
ぬの

ゴコウファンドの評判から分かったメリット

ゴコウファンドの評判から分かったメリット

基本情報を抑えていただいたところで、ゴコウファンドの魅力をさらに深堀していきます。

他社と比較した時のゴコウファンドのメリットを紹介します。

ゴコウファンドのメリット

  1. 地方の物件をメインに取り扱っている
  2. 3種類のファンドを取り扱っている
  3. 1口1万円の少額から投資できる
  4. 優先劣後方式を採用している
  5. 年利3%〜6%程度の手堅い利回り
  6. 譲渡はいつでも可能

①地方の物件をメインに取り扱っている

ゴコウファンドは福岡県に本社を置く企業が運営していることから、福岡・九州をはじめとした地方の物件をメインに取り扱っています。

中には、福岡県の空き家をリノベーションした物件に投資するファンドもあるため、投資を通じて地域創生に関わることも可能です。

「分散投資のために、首都圏以外の物件にも投資したい」「投資を通じて社会貢献がしたい」という人にピッタリのサービスといえるでしょう。

②3種類のファンドを取り扱っている

ゴコウファンドでは、「プロジェクト型 元本一括返還タイプ」「優良資産(築浅案件)元利均等返還タイプ」「空き家ファンド 元利均等返還タイプ」の3種類のファンドを取り扱っています。

それぞれの違いは下記の通りです。

ファンドの種類 特徴
プロジェクト型 元本一括返還タイプ 分配金は普通分配金のみ。元本は物件売却後に一括で償還される。
優良資産(築浅案件)元利均等返還タイプ 分配金は普通分配金と特別分配金(元本払戻金)。運用期間は20~30年で、その間必要な期間だけ投資ができる。
空き家ファンド 元利均等返還タイプ 分配金は普通分配金と特別分配金(元本払戻金)。出資金は空き家のリノベーションに利用され、投資期間はおよそ10年。利用者はその間必要な期間だけ投資ができる。

各ファンドによって投資先の物件や分配金の種類、投資期間などが異なるため、自分の投資意向に合ったファンドを利用しましょう。

③1口1万円の少額から投資できる

ゴコウファンドでは、1口1万円から不動産投資をスタートさせることができます。

一般的に、不動産投資を始めるには自己資金で数百万円〜数千万円、銀行の借入なども含めると1億円以上の資金が必要になります。

一方で、ゴコウファンドでは1万円から不動産投資に携われるので、初心者や自己資金が少ない方でも気軽に不動産投資をスタートできます。

④優先劣後方式を採用している

ゴコウファンドでは、優先劣後方式を採用しています。

優先劣後方式とは、損失が発生した場合に劣後出資者である株式会社後光不動産会社が先に負担し、利益が発生した場合は優先出資者である投資家に優先的に分配される制度です。

この制度が採用されているので、投資家が出資した元本は守られやすくなり、リスクを抑えた資産運用が可能です。

⑤年利3%〜6%程度の手堅い利回り

ゴコウファンドでは、物件の賃料収入や売却想定価格等をきっちりシミュレーションし、優先劣後構造を採用することで、年利3%〜6%程度のミドルリターンを実現しています。

もし、東京や大阪でRC造の不動産に投資をするとなると、実質利回りで3%を切ってしまうことがほとんどなので、それらと比較すると高い利回りであることが分かります。

ローリスクを実現しながら、リターンはできるだけ大きく設計している点がゴコウファンドの強みです。

⑥譲渡はいつでも可能

一般的な不動産クラウドファンディングにおいて、運用中のファンドは譲渡できないケースが多いですが、ゴコウファンドではいつでも譲渡できます。

なお、譲渡には1口500円の事務手数料がかかるので注意しましょう。

ゴコウファンドの評判から分かったデメリット

ゴコウファンドの評判から分かったデメリット

前章ではメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

本章ではデメリットも紹介するので、しっかりと把握しておきましょう。

ゴコウファンドのデメリット

  1. 運営会社が非上場
  2. 長期投資向きで短期で回収したい人には不向き
  3. 元本割れを起こすリスクがある

①運営会社が非上場

ゴコウファンドの運営会社である株式会社五黄不動産は上場企業ではありません。とはいえ、五黄不動産は建設業者として60年以上の実績がある株式会社です。

上場の有無がクラウドファンディングの良し悪しを左右するわけではないので、企業情報のひとつとして頭に入れておきましょう。

②長期投資向きで短期で回収したい人には不向き

個人にとってはデメリットではありませんが、手間がかかっても短期投資を好む方もいらっしゃいますよね。

ゴコウファンドは数年からの長期投資向きですので、半年間などの短期運用がしたい方には向かないかもしれません。

③元本割れを起こすリスクがある

投資商品において、元本保証は出資法により禁じられています。 不動産投資特有のリスクとして、天災による被害や不動産価値の低下など、出資金が元本割れを起こすリスクがあります。

不動産投資に限らず、株式投資や投資信託などの金融商品も元本割れのリスクはつきものであり、それらの金融商品と比較すると、様々な物件に分散投資できるゴコウファンドのリスクはかなり限定的です。

ゴコウファンドの評判は?【口コミを徹底レビュー】

ゴコウファンドの評判は?【口コミを徹底レビュー】

前章では、ゴコウファンドのメリット・デメリットを紹介しました。

本章では、その内容を踏まえて実際の受講者の声を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

まずは、良い口コミ・評判を紹介します。

良い口コミ・評判

  1. 1万円から投資できる
  2. 事業用ビルなども取り扱っている
  3. 毎月分配金を受け取れる
  4. 長期で投資ができるようになっている
  5. 九州と関西を中心とした物件に投資ができる
  6. 初分配があった

良い口コミ:評判①:1万円から投資できる

不動産投資は初めてでしたが、1万円から投資できるため気軽にチャレンジできました。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判②:事業用ビルなども取り扱っている

不動産投資型クラウドファンディングは住居用の物件が多いですが、ゴコウファンドは事業用ビルなども取り扱っているため、投資先を選ぶのが楽しいです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判③:毎月分配金を受け取れる

毎月分配金を受け取れるので、投資をする楽しみがあります。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判④:長期で投資ができるようになっている

1万円から始めることができるので気軽に投資を始められるのが良いです。それから長期で投資ができるようになっているので、短期目的と区別しながら投資ができるのが良いです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判⑤:九州と関西を中心とした物件に投資ができる

良かった点としては高い想定利回りで5年間などの長期投資ができること。

また住宅ではなく商業施設への投資ができ、1口1万円の少額から投資ができるので九州と関西を中心とした物件に投資ができることです。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

良い口コミ:評判⑥:初分配があった

五黄ファンドから初分配(3ヶ月分、税引後5,571円)、キャッシュバック15,000円、アンケートに回答したら当選した10,000円以上、デポジット口座に入金されました。

楽天銀行宛だと手数料が52円引かれるようですが、出金させていただきます。

(引用:X(旧Twitter))

ゴコウファンドのポジティブな評判で多かったのは「1万円から気軽に投資できる」「安定した利回りが魅力」という口コミです。

悪い口コミ・評判

一方で、悪い口コミ・評判には下記のようなものがありました。

悪い口コミ・評判

  1. 運用期間が長い点が残念
  2. 元本を預けたままにしたい人にとっては不便
  3. 物件対象エリアがかなり絞られている

悪い口コミ・評判①:運用期間が長い点が残念

運用期間が長い点が残念です。

短期間で様々なファンドに投資をしたい人には向かないと思います。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判②:元本を預けたままにしたい人にとっては不便

ファンドによっては元本払戻金が出されてしまう。

元本を預けたままにしたい人にとっては不便に感じる。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

悪い口コミ・評判③:物件対象エリアがかなり絞られている

物件対象エリアがかなり絞られていると思います。もっと全国に向けてエリア拡大を行うことで、更に良いサービスになると思います。

(引用:THE NUNOBLOG調査)

ご覧の通り、ゴコウファンドを活用しているユーザーの満足度には個人差があります。

また、Googleで「ゴコウファンド」と検索すると、「ゴコウファンド 怪しい」といったネガティブな関連ワードがいくつか表示されるので、サービス内容に不安を感じている方は一定数いるようです。

以上、ゴコウファンドの口コミ・評判でした。

ゴコウファンドの口コミ・評判を紹介しましたが、百聞は一見に如かずです。登録するだけなら無料なので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

ゴコウファンドがおすすめな人・向いている人

ゴコウファンドがおすすめな人・向いている人

以上の内容を踏まえ、ゴコウファンドがどんな人におすすめかをまとめます。

こんな人におすすめ

  • 1口1万円の少額からソーシャルレンディングを利用したい
  • ローリスクミドルリターン(3〜6%)の投資先を探している
  • 3年〜5年かけて長期で運用したい方
  • ローリスク・ローリターンのファンドに投資したい
  • 安定した利回りを確保したい
  • 元本の評価割れが少ない安定した投資商品を探している

以上が、ゴコウファンドがおすすめな人です。

上記の中で一つでも当てはまる方は、ゴコウファンドはおすすめですよ。

登録は無料でできるので、とりあえず登録してくだけ損はないと思いますよ。

ゴコウファンドの始め方【登録~投資まで】

ゴコウファンドの始め方【登録~投資まで】

ここまで読んでいただき、ゴコウファンドが少しでも気になる人は、ぜひ気軽に登録してみてください。

登録から利用開始までの流れをまとめると、次の通りです。

登録から利用開始までの流れ

  1. 投資家登録~口座開設
  2. 入金
  3. 案件を探して応募

step
1
投資家登録~口座開設

まずは、公式サイトから投資家登録をします。

公式サイトで「会員登録」を選択し、メールアドレスを登録します。その後、マイページにて氏名や住所・銀行口座などの情報を入力し、本人確認することで投資家登録が完了します。

本人確認後、運営会社の審査を通れば手続き完了です。

step
2
入金

投資家登録が完了したら、指定の口座に入金します。

step
3
案件を探して応募

入金後は、投資したい案件を探して応募しましょう。

「応募中」の案件であれば、いつでも応募できます。案件ごとに事業内容や応募金額などが提示されているので、内容をしっかり確認したうえで応募することが大切です。

ゴコウファンドに関するよくある質問【Q&A】

ゴコウファンドに関するよくある質問【Q&A】

最後に、ゴコウファンドに関するよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

よくある質問

  1. 元本保証はありますか?
  2. 元本の返金方法はどのようになりますか?
  3. なぜ利回りが高いのですか?
  4. 中途解約はできますか?
  5. 譲渡はできますか?
  6. 出資者は対象不動産の所有権を取得しますか?
  7. 年利は確定していますか?

①元本保証はありますか?

出資法により、元本の保証はできません。

しかし、優先劣後システムを採用しておりますので、不動産の評価額が下落した場合でも、劣後出資が20%の場合、その下落分20%までは事業者が負担するため、元本に影響はありません。

②元本の返金方法はどのようになりますか?

五黄不動産では、元本の返金方法について、元本一括返還タイプと元利均等返還タイプの2種類の方法を用意しています。

元本一括返還タイプは、運用期間終了後にまとめて出資金を返金する方法です。一方、元利均等返還タイプは、特別分配金という形で、月々の分配金として出資金を返金していく方法です。

③なぜ利回りが高いのですか?

ゴコウファンドが高利回りの分配金を提供できる理由は、ゴコウファンドで取り扱う多くの物件は親会社である占部組が行っているからです。

占部組が施工を担当することにより建物管理に関する費用を抑える事で、ランニングコストの圧縮につながり、その分を投資家のみなさまに分配することが可能です。

④中途解約はできますか?

ファンドのタイプによって解約条件が異なります。

元本一括返還タイプの場合、基本的には契約期間中での途中解約は出来ません。元本均等返還タイプの場合、最低契約期間経過後は、1年経過毎のご都合により解約出来ます。

万が一、やむを得ない事由が存在する場合にはお問い合わせよりご連絡ください。

⑤譲渡はできますか?

譲渡はいつでも可能です。1口につき500円の事務手数料を頂戴いたします。

相続の場合は無料です。また、当社で譲渡先をお探しすることも可能です。その場合、事務手数料に加えて譲渡金額の3%の手数料をいただきます。

⑥出資者は対象不動産の所有権を取得しますか?

取得しません。当社は匿名組合契約のため、対象不動産の所有権や賃借権は事業者に帰属します。

⑦年利は確定していますか?

賃料収入によって変動するため確定はしていませんが、安定した収益を分配できるよう優先劣後の仕組みを用いて運用いたします。

(参考:公式サイト)

まとめ:ゴコウファンドで少額から投資を始めてみよう

ゴコウファンドで少額から投資を始めてみよう

今回は、ゴコウファンドの口コミ・評判を紹介しました。

ゴコウファンドは、1口1万円から投資できる不動産投資型クラウドファンディングです。3つの種類のファンドを取り扱っており、中には自ら投資期間を選べるファンドもあります。

また、運用期間が数年~30年の中長期ファンドを取り使っていることも特徴です。「しばらく使う予定のない資金の運用先を探している」「運用に手間をかけず、預けたままにしておきたい」という人は、ぜひゴコウファンドの利用を検討してみましょう。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
筆者

ぬの(NUNO)

①大手不動産会社で5年間法人営業をしながら副業としてWebマーケティングを独学→②英語学習ブログで1060記事を毎日更新→③フリーランスWebマーケターとして独立→④Webコンサルティング会社を設立→⑤会社経営・Webマーケティングに日々奮闘中

-投資・資産運用
-,